夕べの夢(オバケのQ太郎)


夢の中の私の体は…

なぜか「オバケのQ太郎」みたいな形。

 

オバケのQ太郎はボディが白いけど、私の体は緑色。

サイズも小さく、オバQの半分くらい。

 

 

 

ある日の林間学校。

 

登山道を歩いてるうちに、二人の生徒がケンカになった。

一人のボディは「赤」。一人は「黒」。

 

エキサイトする二人は、他の生徒まで巻き込んだ。

 

とうとう私にまで、とばっちりがきて…

「ドーン!!!」

赤いボディが、体当たりしてきた。

 

 

…と、その瞬間…

赤いボディが、緑色に変わった。

 

 

 

それをポカンと見ていた黒いボディも、

「ドーン!!!」

私に、体当たりした。

 

黒のボディは、体がデカイが…

かなりの勢いで突かれても、微動だにしない私。

 

そしてまた、黒のボディも緑色になった。

 

 

緑色になって穏やかになった二人を見て…

「緑色になると、優しくなれるのかもしれない」

そう思った人々が…

休みの日に我が家にやって来ては、体当たりする。

 

私は、ただそこにいるだけ。

 

 

 

街中の人が優しくなり、私にお礼を言うけど…

私は何もしていない。

 

今日も、ただそこにいるだけ。

 

 

 

 

 

 

「ブレない自分になる」

 

夢は、そう教えてくれた。

 

 

ありがとう。