夕べの夢(白ヘビ)


「キャー!!! ヘビ~!!!」

 

私の部屋に、太くて長いヘビが入ってきた。

 

窓をすり抜け…

タンスの横を通り…

座布団の下をくぐり…

 

6畳一間の部屋を、所狭しと這いまわる。

 

 

「あそこに白いヘビ!!! みんな逃げて!!!」

遊びに来ていた数人の友達に叫ぶ。

 

「何言ってるの?」

みんな怪訝な顔で私を見る。

 

 

ひょっとしてひょっとして…

みんなには、ヘビ、見えてないの?????

私にだけ見えるの???


 

夢の中の私は…

急いで部屋のパソコンを開く。

 

「白いヘビ」と入力すると…

「白ヘビが見えた人は、ラッキーなことが起きる」

と出てきた。

 

 

「う・れ・し~い♪」

 

 

その日から、本当にラッキーなことが起こる。

 

 

謝りたい人に謝ることができたり…

やりたいことがはじめられたり…

人に優しくなれたり…

 

 

「白ヘビ」のお陰で、ラッキーなことが続く私は…

どんどん幸せになった。

 

 

 

 

 

 

 

「信じるものは救われる」

 

夢は、そう教えてくれた。

 

 

ありがとう。