夕べの夢 (本名「プロ 稽古」)

 

「久保 圭子」の名前で活動する私の実の名は、「プロ 稽古」。

 

 まったくの素人を、「プロ」に育成するのが、私の仕事。

 

 

夢の中の私は…

 

ある時は、高校球児をプロ野球界へ送り出し…

ある時は、俳優志望の一般人を映画デビューさせ…

 

次から次へと、

あらゆるジャンルの素人を「その道のプロ」に転身させる。

 

 

噂が噂をよび、有名になった私の指導を一目見ようと…

各界の指導者やマスコミが、稽古風景を見に来る。

 

 

ある日の稽古…

あかちゃんの着ぐるみが、ハイハイして歩くシーン。

 

ざわめく会場。

「あの小さな着ぐるみの中に入ってるのは、一体、誰?」

 

 

着ぐるみが舞台袖に入った途端…

「中に入っているのは、ネコか?はたまた小犬か?」

息をのみながら、着ぐるみから出るのを注目する人々。

 

 

スポッ!

 

と、着ぐるみから出てきたのは、人間のあかちゃん。

目を丸くさせ驚く大人を横目に、ハイハイして立ち去るあかちゃん。

 

 

 

 

 

 

「絶対無理と思えることでも、可能性はゼロじゃない」

 

夢は、そう教えてくれた。

 

 

 

ありがとう。