イメージで涼しく

 

今日も「暑い」と天気予報。

 

どこへ行っても、みんな、まるで合言葉のように

「あづい。あづい。」

 

 

気温は変えられないけど…

体感温度を、ちょっとだけ変えることができるのがイメージの力。

 

 

 

レモンを食べるイメージをすると…

口の中が酸っぱくなったり、唾液が出たりすることはありませんか?

 

「実際にはレモンはないのに、レモンをイメージしただけで酸っぱくなる。」

 

そうなんです。

体は、イメージを現実だと思って、身体反応を起こします。

 

 

ですから…

夏の暑い日でも、自分が涼しさをイメージをすることで、体感温度をちょっとだけ下げることができます。

 

 

 

目を閉じて、ゆったりとした深呼吸をしてから…

自分が涼しいと感じるイメージをしてみましょう。

 

思い浮かばない人は…

「冷たくて綺麗な川」をイメージしてもいいですね。

 

水の色や水しぶき、川のせせらぎなど

リアルにイメージできればできるほど、効果があります。

 

 

イメージは、誰でもできます。

 

手軽にできて、お金もかからないので

一度、試してみてはいかがでしょう?