ささやかな出来事(セミ)

 

道を歩いていたら、セミがお腹を上にして倒れてる。

しばらく見てたけど、微動だにしない。

 

短い命が終わったと察し、

「せめて、踏まれないところに寄せてあげよう」

そう思って、セミに手を近づけた途端…

 

ナントナント

セミがすっごい勢いで、遠くへ飛んで行った。

 

「生きてたんだぁ~。」

とっても驚いたけど、何だかとっても嬉しくて。

 

 

 

ささやかな出来事だけど

HAPPYな気持ちにしてくれて、ありがとう。